結局乾燥肌対策の原点は保湿クリームにこだわれという結果になるのだ

結局乾燥肌対策の原点は保湿クリームにこだわれという結果になるのだ

乾燥肌対策は小さなことの積み重ね

冬はお肌が乾燥して困りますね。

私は乾燥肌なので、放っておくと関節のところの皮膚がパキッと割れて血が出たりします。

そこで私がやっている乾燥対策は、保湿成分入りの入浴剤を使うことです。

いくつか試しましたが、価格と効果を考慮すると一番好きなのは「うるもあ」ですね。

お肌に膜をはったような感じでつるんとなります。

保湿成分入りの入浴剤は少し高めですが、お風呂に入れるだけでいいので手間がかからないからいいですね。

いれるだけで、お風呂上がりのかゆかゆがなくなるのでありがたいです。

入浴剤だけではカバーできなくなってきたら、ボディクリームを塗ります。

私はジョンソンのエクストラケア高保湿ローションのローズとジャスミンの香りを使っています。

保湿力がすごく高いというわけではないですが、すーっと肌になじむのでベタベタしないし、なにやりこの香りが大好きなんです。

ただ、塗るのはやっぱりめんどくさいので、関節部分だけ塗ったりして、全身ケアは特別な日くらいしかしないですけどね。

お出掛けの時もフレグランス代わりに塗っていったりもします。

本当にいい香りなので。

顔は、潤いを残して洗ってくれる「aroクリムサボン」という洗顔料を使いはじめてから、洗顔後に全然肌が突っ張らなくなりました。

洗顔後は、「RAS.A.I.33」というオールインワンのクリームを使っています。

本当に良い化粧品は、保湿クリームランキングなどのサイトで探すのが良いかと思います!

洗い流さないパックのようなクリームで、ベタベタしないのにしっとりもっちり肌はかなり長続きするので驚きました。

ちょっとお高めなのですが、これひとつですむし、これからもリピ予定です。

足の裏の乾燥防止方法

今回ご紹介する方法は、まさに最近気になってきている、乾燥する季節にぴったりな方法です。

特に足の裏のかかとから、ヒビが割れてくると気になりますよね。ここからは、特に気を付けたい時期です。

そんな時にとっても役に立つローションがあるんです。ズバリ、ワセリンです。

本当に、こってりとしていて、なかなか普段使いが難しいですよね。

しかし、足の裏のかかとには、効果てきめんですよ。

お風呂上がりに、ベットリと塗っておいてサランラップをかけます。

あとは、寝るだけで大丈夫!次の朝になったら剥がすだけです。

これを3日間行うことにより、たちまち卵のようにつるつるです。ポイントは、やはり保温性です。

普段から、足を温めておくようにして、足裏のマッサージや、分厚いクツ下なども効果てきめんです。

立ち仕事や、たくさん歩き過ぎた日、しばらく寒さに当たっていた時や、風邪をひいていた後など、体の水分が失われた後に、気づいてしまうことが多いですよね。

もしも、薬局へ行ってワセリンを買うことが面倒なら。

家の中でお料理などに使っている食用油などでも代用することが出来ますよ。

方法は全く同じです。ガーゼなどに染みつかせてかや使えば、怪我をしてしまった時などにも使えますし、勿論足の後ろのかかとにもよく効きます。

いかがでしたでしょうか?

ここでご紹介したのは、ほんの一例ですから、自分にあった方法を見つけることはもちろんですが、今回の方法を使ってみて、お役に立てばなによりです。